4.Yo-jouのこだわり

2010年12月16日 (木)

口コミによる来院が7割を超えました!

今日は、休診日なのでデータの整理などをコツコツとしています。
で、気がついたのですが、11月に新規来院してくださった患者様の来院のきっかけの、7割が「口コミ」「ご紹介」でした。

今までも、既存の患者さんからのご紹介がきっかけで来院してくださる方は多かったのですが、11月に入ってから、急増しています。

とてもありがたいです。

と同時に、ご紹介くださった方の期待にこたえられるように、今まで以上に、短期で治し切る治療を心がけなければいけない、と思いました。

続きを読む "口コミによる来院が7割を超えました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

一日も早く通院が不要になるためには

病気や怪我、なんらかの不調を感じると、薬局で薬を買ったり、病院や私たちのような治療院のところに行って専門家のアドバイスをもらいますよね。

多くの場合、何回か通院しなければいけません。病気が根深ければ根深いほど、長期間通院しなければいけなくなります。

続きを読む "一日も早く通院が不要になるためには"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

手技療法は技術の結晶

青梅慶友病院をお伺いさせていただきました。
老人病院として、常にお客さま満足度でトップ5にランクインする病院です。

いただいた資料に、心を打たれる文章が記載されていました。

是非、手技療法や介護に携わる方に読んでいただきたいと思います。

続きを読む "手技療法は技術の結晶"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

経営者が従業員に約束をすること

社員として会社にどう貢献するか、どうやってスキル・知識を伸ばして仕事をするか、という本や雑誌はたくさん見かけます。採用面接の現場でも、どうやって会社に貢献するかをアピールするのが当然だと考えられています。

しかし、私は、これは少しおかしいと感じています。

続きを読む "経営者が従業員に約束をすること"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

問診の心構え

北京中医薬大学の高先生の診断学の授業を聴講してきました。診断学の基礎の基礎のお話しだったのですが、はっとさせられる気づきがたくさんありました。
中でも、問診の心構え6箇条は、当たり前で有りながら、臨床の現場にいると軽視してしまいがちで、良い気づきになりました。

続きを読む "問診の心構え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

治せる患者さま・お客さまに情報を伝えられているだろうか

おはようございます、裏番長です。

私が自分の体調がおかしいと気がつき病院を探し始めた1999年当時、私が住んでいた西巣鴨のマンションから徒歩1分のところで、オーナーは鍼灸接骨院の院長をしていたそうです。(つい、一昨日知りました。)

確かに、接骨院があったことはうっすらと覚えています。

続きを読む "治せる患者さま・お客さまに情報を伝えられているだろうか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

トラブルを解決するよりトラブルが起こらないお手伝いを

明けましておめでとうございます、裏番長です。

Yo-jouは、明日から通常営業です。今年もよろしくお願いいたします。


今日は、年末年始にオーナーと話し合ったことをまとめたいと思います。


本来、東洋医学は「病気になってしまった人」だけではなく「このまま行くと病気になる-未病-」を見つけ、病気に向かっている体を健康に向かわせるお手伝いをすることを得意としています。


江戸時代に花開いた日本の養生所文化では、未病の段階で温泉・漢方薬・鍼灸・食事の工夫(食養)を行うこと、動作所作を丁寧に行うことを大切にしていました。


貝原益軒や小川笙船(大岡越前の榊原伊織のモデル)といった養生文化の中心にいた医師達は、こうした養生に必要な全ての知恵と知識を持つ専門家として、人々が健康に生活を行うことできるようにアドバイスし、時には病気の治療もする人でした。


しかし、現代の鍼灸師の何割が、温泉や食養、日常の動作所作の型を知っているでしょうか?


 

  • 体を温めながら有効成分を皮膚から吸収させる(温泉)という知恵はリフレやエステ、温泉ソムリエ
  • 体質に合わせて食事をする知恵はオレンジページなどの女性雑誌
  • 動作所作を呼吸に併せて丁寧に行うことで筋バランスを整える知恵は、古武術、ヨガ、ピラティス等

 


などを見なければ分からない、というのが実態。


そして、鍼灸師の大半が、一般の人が有している程度のエステや温泉、食事やストレッチに対する知識も持っていないというのが現状ではないでしょうか。

続きを読む "トラブルを解決するよりトラブルが起こらないお手伝いを"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

おひとりさまにリピートしていただけるお店

おはようございます、裏番長です。 昨日の夜、とても美味しいイタリアンを食べてきました。
しかも、Yo-jouから歩いていけるお店です。


あれ、それなのに「自転車グルメレポート」じゃないの?


そうなんです。とても美味しかったのですが、どうしてもお勧めするわけにはいかない点があったんです。

続きを読む "おひとりさまにリピートしていただけるお店"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

徒弟制度からの脱却 鍼灸師・柔整師にライフワークバランスは可能か

おはようございます、裏番長です。
本当はオーナーが書くべき記事なんですが、昨日の記事の続きなので、オーナーと一緒に話しながら、私が書きます。


一昨日の忘年会で、少しだけ株式会社ワーク・ライフバランスの小室淑恵さんとお話しさせていただきました。


私が「当店(Yo-jou)は、週40時間労働で週休2日制なんですよ」とお話しすると、小室さん、とても驚いてらっしゃいました。そうなんですよね、小室さんのようにライフワークバランスに詳しい方であれば、ボディケア業界、特に鍼灸・整骨・接骨という伝統医療業界の苛酷な労働条件については、お詳しいはず。


Yo-jouのように、週休2日、週40時間労働の鍼灸整骨院というのは、確かにかなり珍しい存在なんです。

続きを読む "徒弟制度からの脱却 鍼灸師・柔整師にライフワークバランスは可能か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

看板が大きい治療院は腕が悪い

おはようございます、裏番長です。


「看板が大きいところは腕が悪い」「腕さえ良ければ、患者さんが口コミで患者さんを連れてきてくれる」だから「営業や宣伝のことを考えている時間があったら技術を磨くべき」

1000人以上が参加する、ある治療家のコミュニティの書き込みです。そして、この書き込みへの反論は一切ありませんでした。(賛成のコメントが4つありました。)


井戸端会議が活発で、地元でたくさんの情報をやりとりする時間的、精神的余裕がある時代なら分かります。しかし、都市部では、口コミをしようにも、居住地には知り合いが一人もいないという人も少なくありません。


この状況で、治療院自らが情報を発信しないとしたら、どうやって痛みで苦しむ人たちが情報を探し出すことが出来るのでしょうか?患者さま、お客さまが積極的にウェブサイトなどに投稿をして自分の治療院の宣伝をしてくれると思っているのでしょうか?

続きを読む "看板が大きい治療院は腕が悪い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)