« 手の怪我なのに、骨盤調整を重視する理由(痛みがある所だけを治療してもすぐ再発する理由改題) | トップページ | 肩こり腰痛対策、そして美しいカラダ作りに、大きな筋肉から動かす習慣を身に付けよう »

2015年10月12日 (月)

カラダのゆがみ、どこに通院すれば良いですか?

Twitterやメール等で、当院に興味はあるのだけど、遠いので近隣でお勧めの治療院・病院を教えてください!というお問合わせをいただくことがあります。

でも、実際にカラダを拝見していない状態では、お困りの症状の原因が分からないので、適切な場所をアドバイスするのは、結構難しいものです。

骨盤矯正や膝の矯正は、その場ではバランスを回復できますが、そもそも、なぜこのバランスが崩れたのかという原因を特定し、その原因に応じた対策をしなければ、すぐに戻ってしまいます。

ですので、基本的には「骨盤矯正が得意です!」といった矯正を目的とした所はお勧めしません。

ゆがみの原因を特定し、その原因に応じた治療・施術をしてくれる所を探していただければと思います。

例えば筋骨格そのものがゆがむ、もしくは動作時にゆがみが生じる原因には、以下のパタンが考えられます。

1.筋肉量のアンバランスさ
首、背面、胸、腹部、腰、上肢、下肢、どのバランスが崩れていても加重は崩れます。
徒手検査でバランスが崩れた筋肉がどこかを確認し、筋力強化の指導ができる場所への通院が必要です。

運動指導が得意な整骨院か理学療法科がお勧めです。

2.筋力のアンバランスさ
筋肉量自体はバランスがとれていても、関節の可動域、コリなどが原因でその筋力を発揮させることができない場合にも加重は崩れます。

通院先は1と同様です。

が、これは機械的に測ることが難しいので、整形外科・整骨院・リハビリ科等で最低10年は働いていた、またはプロアスリート・ダンサー経験があるという方がいるところを探された方が良いと思います。

3.動作・姿勢のクセ
1や2も要因となりますが、パソコンモニターの置いてある位置等、日常生活で不自然な姿勢や動作を強制される場合にも、加重は崩れます過去の怪我をかばう動作などが影響していることもあります

動作分析が得意な病院・治療院は少ないです。ネットで動作分析、歩行分析、代用運動で検索をされると良いと思います。

電話で、腱鞘炎の治療方法を確認し、固定以外の根本治療(動作改善)が出来ると回答した所を選ばれると良いと思います。

4.内臓障害
内臓の炎症、冷え、拘縮等でも体は歪み加重は崩れます。
体表観察、自律神経測定、内臓バランス測定などで検索されると良いと思います。

一般的には、整形外科や整骨院はこの分野が苦手なことが多いです。鍼灸やあん摩マッサージを併用している整骨院と、慢性期のリハビリに従事してきた理学療法士(PT)に、この分野が得意なところが多いかと思います。

根本原因を探して、完治につながるサポートをしてくれる治療院が見つかりますように!

お大事に。

|

« 手の怪我なのに、骨盤調整を重視する理由(痛みがある所だけを治療してもすぐ再発する理由改題) | トップページ | 肩こり腰痛対策、そして美しいカラダ作りに、大きな筋肉から動かす習慣を身に付けよう »