« 顔のリフトアップの施術方法、体質によって変えています | トップページ | 原因不明の動機息切れ・めまい、冷え症を改善したらピタッと止みました »

2013年8月14日 (水)

クローズアップ現代の特集は「腰痛 2800万人時代 ~変わる“常識”~」

明日のクローズアップ現代の特集は「腰痛 2800万人時代 ~変わる“常識”~」。

発症から72時間未満の急性腰痛の場合でも「安静は必ずしも有効な治療法といえない」と明示し、多くの腰痛の原因は「心理的・社会的ストレス」とした新腰痛治療基準を紹介するそうです。

当院で腰痛治療を受けている方はご存知のとおり、急性期でも動かしたり温めたりすることが少なくありません。腰痛治療基準自体はとてもよいものだと思うんですが、マスメディアでの報道となると、ちょっと心配な点が。。。

最低限度、以下の2点は伝えて欲しいな。。。

・安静が必要な腰痛とそれ以外の腰痛には明確な違いがあって、診断を間違えると、かなり悪化させること。プロの国家資格者の判断を仰いで欲しいこと。

・「社会的ストレス」には「座り仕事が増えていること」といった姿勢や動作を含んでおり、世間一般でいう「ストレス」の意味ではなく「負荷」という意味でストレスという単語が使われていること。

ご覧になった方、どんな内容だったか、ぜひ教えてください!

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/

|

« 顔のリフトアップの施術方法、体質によって変えています | トップページ | 原因不明の動機息切れ・めまい、冷え症を改善したらピタッと止みました »