« 歯が悪いとカラダもゆがむんですよね! | トップページ | 高円寺びっくり大道芸2013開催中♪ »

2013年5月 1日 (水)

目に見えない痛みを画像診断する技術

目に見えない「痛み」を画像診断できるようになりそうです。

米コロラド大学(ボルダー)准教授のTor Wager氏が率いる研究チームが、実際の痛みと痛みを回想したときで異なるMRIの反応を見つけました。

この研究が進めば、線維筋痛症や筋筋膜症候群のような、現代の検査技術では分からない痛みを可視化することができるようになるかもしれません。

うちにこられる多くの患者さんが、医師や家族から「うそついてるんじゃないの?」と言われています。

ひどい痛みで苦しんでいるだけではなく、こうした言葉でも傷ついてきた方が、楽になるかも、と思うと、とってもわくわくしますね!

http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=4389%3Amri2013422&catid=49&Itemid=98

※本日は木曜日で休診です。ご予約はネット予約でお願いします!週末は高円寺びっくり大道芸です。治療の前後で、ぜひ、高円寺の町を散策してみてください!

痛みの「痕跡」を初めて脳MRIで検知(2013.4.22掲載)
www.healthdayjapan.com
Joomla! - the dynamic portal engine and content management system

先週のFacebookの書き込みの転載です。ご感想、質問などがありましたら、お気軽にFacebookまたはTwitterでお寄せ下さい。
Facebook http://www.facebook.com/koenji.yojou
※Facebookの記事はFacebookのアカウントがなくてもお読みいただけます。

|

« 歯が悪いとカラダもゆがむんですよね! | トップページ | 高円寺びっくり大道芸2013開催中♪ »