« 賢い患者になるための医療の選び方 | トップページ | ゴールデンウィーク診療のお知らせ »

2013年4月16日 (火)

お金をかけずに顔のたるみを改善する方法

見た目年齢はたるみが勝負!

これ、サントリーのCMのキャッチコピーです。

うん、確かにそうですよね。

でも、たるみの原因ってなんでしょう?

うちの裏番長や、裏番長のお母さんは、40代&60代なのに驚くほどフェイスラインのたるみがないです。

理由は明快。

頭蓋の形が、横から見ると、ほぼきれいな円形で、真上に筋肉を引き上げやすい形をしているので、フェイスラインの筋肉がこったり、たるんだりしにくいんです。

・口元の小じわ
・法令線
・目の下のくま
・フェイスラインのたるみ

これらの原因は
①頭蓋&首から上の筋肉の形
②皮膚の厚さ(乾燥)
③筋肉の質

サプリは③、化粧品は②に主にアプローチします。
※うちの小顔矯正は①に、体質改善は③

でも①が一番の原因。
※どれだけ頭蓋の形が恵まれていても、姿勢がくずれると、筋肉の形は崩れます。

というわけで、僕を含めた、頭蓋がまん丸ではない人たちは、
・頭蓋の形をしっかりと観察
・いびつな箇所(=こりやすい、たるみやすい)を発見
・こりをほぐす
・引き上げるための筋トレをしてあげる
・筋肉の質を高めるために胃腸を疲れさせない
・姿勢に気をつける

これが、たるみを改善するための一番てっとり早い方法です。

サプリや化粧品で筋肉をやわらかくしたり、血行をよくするのも一時的には効果がありますが、たるみやしわには、高価な化粧品を使うよりもできることがたくさんあるって知ってほしいなと思います。

先週のFacebookの書き込みの転載です。ご感想、質問などがありましたら、お気軽にFacebookまたはTwitterでお寄せ下さい。
Facebook http://www.facebook.com/koenji.yojou
※Facebookの記事はFacebookのアカウントがなくてもお読みいただけます。

|

« 賢い患者になるための医療の選び方 | トップページ | ゴールデンウィーク診療のお知らせ »