« 肩こり腰痛が治りきらない方へ(1月25日のFacebookの書き込み) | トップページ | 仰向けに寝て腰が浮いてしまう時はかかとがある靴は厳禁ですよ!(2月12日のFacebookの書き込み) »

2013年2月11日 (月)

何分で痛みの原因を調べて治療方針を立てられるか(2月4日のFacebookの書き込み)

原因はよく分からないのだけど腰痛がひどくて歩くのもつらいんです。という方からお問い合わせがあって、原因が明確なケガ以外はうちでは健康保険は使えないです、とお伝えしたところ、他院に行かれたそうです。

ところが、翌週に、痛みが引かない、と結局うちにいらっしゃいました。

脚の長さの違いを確認し、左右の脚、腰、背中の筋バランスを確認して、その後で筋肉の弾力を確認して。。。。

原因が何であるかを僕が確信するまでに10分、その原因を説明して患者さんに納得してもらうのに5分、治療方針を説明するのに5分、治療頻度やセルフケアを覚えてもらうのに10分。30分かかりました。これ以外に、ゆがみの測定に10分、自律神経測定に10分。実際には約1時間がかかっています。

健康保険で支払ってもらえる問診料って数百円です。

数百円で1時間かけるのは不可能です。なので、高価になってしまって、患者さんには金銭的には迷惑をかける、とは思いながらも、根本原因を探して治療計画を立てていくことを重視するためには、自由診療にならざるをえないんです・・

他院の治療が悪いとか間違えている、ということではなくて、健康保険を使っていたら、対処療法しかできない、というのが現在の医療保険の点数制度なんです。

本来なら、根本的に治療をして再発を予防しようという人の方が、医療費全体の削減になるので、優遇されたほうがいいのにな、とは思うのですが、国の制度は制度なんですよね・・・

健康に対する意識が高くて、しっかりとセルフケアをする人が得をする世の中になっていって欲しいですよね!

先週のFacebookの書き込みの転載です。ご感想、質問などがありましたら、お気軽にFacebookまたはTwitterでお寄せ下さい。
Facebook http://www.facebook.com/koenji.yojou
※Facebookの記事はFacebookのアカウントがなくてもお読みいただけます。

|

« 肩こり腰痛が治りきらない方へ(1月25日のFacebookの書き込み) | トップページ | 仰向けに寝て腰が浮いてしまう時はかかとがある靴は厳禁ですよ!(2月12日のFacebookの書き込み) »