« 院長の所信表明(1月7日のFacebookの書き込み) | トップページ | マッサージ厳禁の腰痛(1月11日のFacebookの書き込み) »

2013年1月16日 (水)

健康に歳をとるための素食の大切さ(1月9日のFacebookの書き込み)

83歳の男性がギックリ腰のような症状で来院されました。

当院に通っている患者さんのお父様です。

80歳台とは思えないほど歩くスピードがとても速くて、とても驚きました。

足を触ると、骨がしっかりしています。

そうお伝えすると「戦時中は栄養失調気味だったんだけどねえ」「芋のカユとか食べてたんだよ」とのこと。


でも、実は、骨格を形成する大切な時期に過剰に栄養を摂取せず、粗食ですごしたからこその筋骨格ではないかと思います。

極度の飢餓や栄養失調でなければ、空腹を感じながら生活するということは、人間にとっていいものである可能性があるなあ。

お腹がすいたら、いえ、時にはお腹が空く前に食事をするような生活って、ほんの50年弱、しかも一部の先進国だけのこと。

多分、人間の本来のカラダの機能にはあっていないのだろうな、と思いながら、日々の生活を反省しました。

先週のFacebookの書き込みの転載です。ご感想、質問などがありましたら、お気軽にFacebookまたはTwitterでお寄せ下さい。
Facebook 
http://www.facebook.com/koenji.yojou
※Facebookの記事はFacebookのアカウントがなくてもお読みいただけます。


|

« 院長の所信表明(1月7日のFacebookの書き込み) | トップページ | マッサージ厳禁の腰痛(1月11日のFacebookの書き込み) »