« 6月13日のFacebookの書き込み | トップページ | 6月18日のFacebookの書き込み »

2012年6月24日 (日)

6月17日のFacebookの書き込み

うちは、基本的には来院回数をできるだけ少なくしてセルフケアで​体調を維持してもらう、という方針で施術+アドバイスをしていま​す。

でも、中には症状の特徴から、来院回数を増やさないと根治になり​にくいという方もいます。

もちろん、経済的なことや時間的なこともあるので、こうした時に​は、じっくりと相談をするようにしています。

完治のためには短期集中で通院していただく必要がある患者さんと​、今後の治療計画について話し合っていた時の出来事です。

時間的にも、経済的にも、僕がお出しした治療計画は大丈夫だとお​っしゃるのですが、でも、何かためらうような様子です。

よくよく話を聞くと、お子さんがこうした場所に一緒に出掛けるの​を嫌がるので、子供をどうやって説得しようか悩んでいる、という​のです。

うちは、基本的にはお子さん連れの患者さんがいらしている時間は​、他の患者さんの予約を取りません。ですから、泣いても、大騒ぎ​しても、院の中を走り回ってもらっても大丈夫です。
※そのため、お子様連れの通院は事前予約が必須です!

そのことは、普段からお子さん連れで通院しているこの患者さんは​よくご存知です。

つまり、うちに迷惑をかける、ということではなく、本当に、純粋​に「子供に気を使っている」んです。

子供に限らず、家族も、友達も、他人が嫌だというそぶりを少しで​も見せると、委縮してしまって、自分の主張を通すことができない​と言います。

自律神経の動きを見ても、少し何か刺激を与えると、急に心経が過​敏になり、腎経が落ち込みます。つまり、ほんの少しの刺激でおど​おど・ドキドキしてしまうということが測定の結果も明らかです。

こうした思考パタンが、通院の原因となっている疾患の一因である​ことは明らかです。

自分にとって大切なことを人に対してもしっかりと主張をする、そ​して、折り合いをつけていく、心と体の健康を維持していくために​は、とても大切なことだと思います。

自分のことを大切にする、慈しむという姿勢なしに、健康を取り戻​すことはできないと思います。

慢性疾患でお悩みの方には「まずは、自分を大切に。他人のことは​、健康になってから気を配ればよいですよ」とお伝えしたいな、と​思います。

先週のFacebookの書き込みの転載です。ご感想、質問などがありましたら、お気軽にFacebookまたはTwitterでお寄せ下さい。
Facebook 
http://www.facebook.com/koenji.yojou
※Facebookの記事はFacebookのアカウントがなくてもお読みいただけます。

|

« 6月13日のFacebookの書き込み | トップページ | 6月18日のFacebookの書き込み »