« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2011年3月13日 - 2011年3月19日

2011年3月19日 (土)

地震酔い、自宅でできる軽減方法

地震後、カラダがずっと揺れている感じがするといった「地震酔い」と呼ばれる症状が続いている方がいます。

地震酔いのセルフケアをまとめたサイトを見ていたら、合谷という手のつぼが、乗り物酔いに効くから地震酔いにも効く、といった情報がありましたが、乗り物酔いと地震酔いはメカニズムが違います。おそらく、多くの方の地震酔いに、合谷は効かないと思います。

乗り物酔いは、視野や皮膚感覚から、床下部に一気に大量の過度の信号が送られたことで、自律神経系が正常な処理をすることがでいなくなり、異常を来たすため起こると考えられています。

一方で地震酔いは、長いゆれがつづいたことで、平衡感覚と視覚のずれから起きる症状です。地面が揺れているという事実を脳が処理しきれないことで、カラダのほうが揺れていたと錯覚することで起きます。そのため、錯覚しようがない、急な直下型の地震では起こりにくく、ゆっくりと、長期間にわたって起こるゆれで起こしやすいという特徴があります。

つまり、地震酔いの原因は、脳の勘違いを修正することができなくなっていること。緊張続きで自律神経がアンバランスになっていると、特にこうした修正機能が働きにくくなるため長引くと思われます。

続きを読む "地震酔い、自宅でできる軽減方法"

|

2011年3月18日 (金)

スーパーの空棚の前で唖然としたら思いだして!

昨日、スーパーに行くと、私の横にいた他の買い物客が「あれがない、これもない、あれもない」と大騒ぎをしていました。

でも、私は普段買っているものが普通に買えましたし、欠品している物は同様の栄養価が摂取できる他の食材を調達することができました。

この数日、いくつかのスーパーを回って、どういうものが買い占められているのかを見て回っていますが、どのスーパーでも普段とあまり変わりなく必要な物を調達できそうです。

物流全体が止まって、全体的に品薄のスーパーはまた別だとは思いますが、我が家の周辺は主要幹線道路に近いこともあり、物流が止まっていません。朝には品物が豊富になります。 店員さんに聞いても、無くなっているのは、買占めが原因で、流通が原因ではないそうです。

こうした環境下で、全く買物に困らない人がいる一方で、パニックになる人がいる。その最大の理由は食材に対する意識だと思います。

どのスーパーも、栄養価が高く、長期間の保存がきく食材が大量に残っていて、一方で、栄養価の低いカップめんや、長期間の連用で過剰に糖分を摂取するリスクの高い食材が集中的に買占めに遭って無くなっています。

当院のウェブ会員の患者様は、ウェブ会員限定のサイトからダウンロードできる、薬膳の食材リストを見ていただければ、比較的栄養価が高く保存がきく食材が分かるかと思います。

この食材リストに◎として載っているような食材、どのスーパーでも余っていました。

続きを読む "スーパーの空棚の前で唖然としたら思いだして!"

|

2011年3月17日 (木)

安定給電を前提として医療機関を運営して良いのか?

計画停電で医療機関の電気が止まり、医療の提供に困窮したと発言している人を散見します。

しかし、この報道、あきらかに片寄っています。

なぜなら、国は繰り返し、繰り返し、中小企業を含めた全組織に対して、災害時や何か緊急事態になった時にも業務を継続することができるように計画をしなさい、という指針を出しています。

中小企業BCP策定運用指針 緊急事態を生き抜くために というサイトもあります。

そして、多くの医療機関は、国からの指導に従って、きちんと整備をしてきています。

続きを読む "安定給電を前提として医療機関を運営して良いのか?"

|

2011年3月16日 (水)

緊張続きで具合が悪くなってしまった方へ

このところの自然災害で、長時間緊張が続くことで、カラダに力が入り続けて、特に体幹(背中)がバリバリになっている方も多いと思います。

頭痛、頭重、吐き気、軽い神経症状、鬱屈とした思い
胃腸炎、胃のむかつき
急激な花粉症の悪化

といった症状でお悩みの方も多いかと思います。

こうした時、薬を飲んで痛みや重だるさに対処することが、決して悪いことだとは思いません。

でも、何か病気として症状が出ているのではなく、緊張感が続いたことが原因で、自律神経のバランスが乱れて起きている症状の場合、薬で一時しのぎをしてしまうよりも、自分の力で自律神経のバランスを回復できるようにする方が、ストレスに強い心身を作ることができると思います。

続きを読む "緊張続きで具合が悪くなってしまった方へ"

|

2011年3月15日 (火)

企業別にリスクマネジメントには得意不得意分野があります

昨日からTwitterでブログを紹介してくださっているコメントを見ていて気がついたのですが、リスクマネジメントという言葉、まだ、あまり正確には理解されていないんですね。

リスク、というのは「不確実性」を指します。事件や事故が起こるのかが不確実。プラスに働くのかマイナスに働くのかも不確実な状態のことです。

つまり、リスクマネジメントというのは、このプラスに働くのかマイナスに働くのかが分からない状態を管理するということを指します。

実際に起きてしまった被害や事件・事故はリスクではなく、インシデントと呼びます。事件・事故対応はインシデントレスポンス、と言います。

今回の計画停電、輪番停電は、停電が無計画に発生し制御できなくなることによってカリフォルニアの大停電のように無秩序に広がっていくというリスクを管理するために行う、リスクマネジメントです。

リスクマネジメントを行う際に大切なことは大きく2点あります。

続きを読む "企業別にリスクマネジメントには得意不得意分野があります"

|

2011年3月14日 (月)

計画停電が出来るのは最高級の配電技術があるということ

計画停電の実施時間が刻一刻と変化することに対して、現場の混乱、もう少ししっかりしろ、といったTwitterでのつぶやきを多数見かけました。

しかし、それは大間違いです。

刻一刻と時間を変化させるのを見て、私は心底、すごい!やった!とガッツポーズをとっていました。

なぜなら、それは、数分単位で、電力予測と配電予定をしっかりとこなしている、ということに他ならないからです。

多分、電力会社自らがこういう情報を発信することはないと思うので、もうすでに引退して自由に発言をできる立場の元リスクマネジメントの専門家として、公開情報の範囲で配電に関して書かせていただきます。

※機密保持のため、日本全国の10電力会社の情報を全部ひっくるめて1電力会社のように書きます。ご了解ください。

続きを読む "計画停電が出来るのは最高級の配電技術があるということ"

|

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »