« 食べなくたった体重は増えます! | トップページ | シフト勤務で疲れがなかなか抜けません »

2011年9月 6日 (火)

正しい姿勢で運動をしましょう!(代償運動のリスク)

スポーツジムなどにあるマシンは、比較的正しい姿勢で筋トレをしやすいように設計されています。

そうはいっても、本来は僧坊筋(クビから肩の後ろ側の筋肉)を鍛えるべきマシンで、僧坊筋にほとんど負荷がかからず、広背筋(背中の真ん中あたり)を中心に負荷がかかってしまっている方も少なくありません。

ほんの少しの骨盤や肩甲骨の向き、肘の高さ、肩の高さで、使う筋肉は違ってきます。

マシントレーニングは、正しい姿勢で行わないと、手の皮が厚くなったり、筋バランスが悪くなったり。トレーナーにチェックをしてもらったり、鏡で自分の姿勢を確認したりしながら、正しい姿勢を意識しましょう!

というTweetです。
--------------
☆@hideaki09 マシントレで掌が厚くなるのは正確に対象となる筋肉が使えてないことが多いです。だとしたらボルタリングで背筋や臀部を正確に使って体重を分散させることが難しいかもしれません。その場合、数分やるだけでも、掌の皮は多分厚くなると思いますー

☆@hideaki09 マシントレで掌に力が入るのは典型的な代用(代償)運動ですよね?鍼灸科だと必修じゃないので学校によっては動作分析を全く習わないかとは思いますが、、、解剖学的に正しく動けば掌に力は入らないので、手袋は豆予防ではなく汗による滑り止めです。

広背筋に負荷を与える動作で掌に負荷がかかるのは、肩甲骨下部からではなく肘または手首から動き始めているからです。これは、肩こりの主原因となる代償運動の1つです。せっかく筋トレするなら代償運動パタンを意識する方が患者指導上も役立つと思います。

|

« 食べなくたった体重は増えます! | トップページ | シフト勤務で疲れがなかなか抜けません »