« 真実っぽいウソが蔓延していく過程 | トップページ | むくみと気圧の変化 »

2011年9月18日 (日)

プロテインっていつ飲めば良いの?

一昨日の記事の通り、運動の直後に食べ物を取ることは内臓への負荷が高くあまりお勧めができません。にも関わらず、多くの方が、プロテインや良質のたんぱく質は、運動した直後にとるものだ、と勘違いしています。

先日、Twitterでは、なんと看護師(栄養士?)から、運動をした直後にプロテインを飲むと筋肉が出来る、と言われたという方が・・・・・

あの、、、人間は単細胞でもなけれれば、直腸でもないんで、食べたものがすぐに小腸に届いたりしませんから(苦笑)

食事をしてから小腸に届くまで、成人であれば4-10時間。大腸にたまり便として排出されるまでが24-48時間かかります。

でも、世間的には、運動直後にタンパク質を取る、というのは運動をする人の常識のように言われています。中には、医療従事者にもかかわらず、上述のような発言をする人までいます。

これは、一体、なぜでしょうか?

筋肉を酷使する運動をすると、筋破壊が起こります。そして、超回復をする時に筋線維が太くなり筋肉量が増えます。このプロセスを、必要なたんぱく質を補わずに行うと、筋線維が疲弊します。

ですからタンパク質を補給してあげる必要は、確かにあります。でも、食物が小腸に届くまで、プロテインパウダーのように粒子が細かいものであっても、最低4時間程度はかかります。

筋線維の超回復は、睡眠中に起こります。ですので、睡眠中にタンパク質が足りている必要があります。

というわけで、本来であれば、逆算して寝る4時間前までにタンパク質を取りましょうね、が正解です。運動の直後である必要はありません。

でもね、寝る4時間前までにタンパク質を取って下さいね、とお願いしても、スポーツジムで売っているスポーツドリンク、売れないじゃないですか。摂取を忘れる人も多いでしょう。

スポーツドリンク等は糖分やカフェインが多いので、飲んだ直後に体力が回復するような錯覚をしますが、人間の体はそんなに単純な構造ではありません。飲食した直後に反応が出るのは、筋肉に作用しているのではなく、脳に作用しているからです。

筋肉をつけたいのなら直後じゃなくて、1-2時間以上後でも、効果は変わらないですよ。というか、むしろ運動直後で呼吸が荒い時や、顔色が赤い時は筋肉が血流を必要としているので、食べない方がいいですよ。

というわけで、商業主義に踊らされないで下さい(苦笑)

さて、タンパク質を摂取する時間はともかくとして、タンパク質はプロテインで取る方が良いのでしょうか?

プロテインパウダーなどの人工的なタンパク質は、あくまでも人工的で胃腸には負荷をかけます。また、常用すると、腎臓には致命的なまでの影響を与える可能性があります。(厚労省が推奨しているたんぱく質の摂取量、腎臓に負荷を与える可能性が高いたんぱく質量を見ると、怖くてプロテインは飲めなくなるかもしれません。。。)

当院の裏番長はプロテインを飲みます。それは、彼女がアスリートだからです。しかし、他のスタッフは飲みません。プロテインが必要なほどの筋線維を破壊するような行為をしないからです。それよりは、内臓の健康の方が選択します。

どういうカラダを作っていきたいか、は人それぞれです。わたし達は、プロテインを飲むなとも、飲めともいいません。なりたいカラダになるために必要な栄養摂取の方法をお勧めするだけです。

ただ、プロテインに限らず、人工的な方法で栄養を摂取するのであれば、内臓への負荷が大きいので、内臓の消化吸収能力を回復させるためのケアを併用する必要はあると思います。

関連するTweetを掲載しようかと思ったんですが、上述のおかしな発言をした人がどこに勤務しているのかが分かってしまう可能性があるので、他の医療機関の批判と思われるのが嫌なので転載を控えることにします。

|

« 真実っぽいウソが蔓延していく過程 | トップページ | むくみと気圧の変化 »