« 1月のつぶやき(冷え症・セルフケアマッサージに関する抜粋) | トップページ | 1月のつぶやき(おまけ編) »

2011年2月15日 (火)

1月のつぶやき(健康豆知識に関する抜粋)

1月に好評だったつぶやき(RTといって転送をしていただいたつぶやき)を、ブログでも共有させていただきたいと思います!

今回は、誤解されていることが多い健康豆知識に関する抜粋。

抜粋ここから。

花粉飛散開始!鼻炎は、鼻粘膜と肺胞の温度差が大きいと熱移動が強い刺激になり悪化します。目頭を強く押して手を離すと一気に鼻への血流が上がり鼻粘膜温度が上がるのと、乾燥刺激への耐性があがり症状が軽快します。東洋医学のツボの根拠は西洋医学的に説明可能なんですよ!

年始は、暴飲暴食→胃腸よわる⇒冷える⇒腰痛やぎっくりの患者様が大量発生。風邪引いて筋肉が固くなったあとだと、さらにぎっくり腰になりやすさの倍率ドンッ!なので、風邪気味のときほど腰痛は放置しないで、早めにケアしましょうね~

痛いのは、複数筋肉を一緒くたに触るからだよ。一つ一つの筋肉を触診する技術があったら、絶対に激痛にはならないから。ようは、下手な人でもできる技術ってこと RT @aisu_dog: うわ、激痛エステだってーかおとか。腰あたり歪んでるのも治りますよって、一時的やん…

☆ @aisu_dog 近頃流行っている一回で体型が変わる施術(筋肉つかないのですぐ戻りますが)を激痛なく行うためには、触診で深層筋や骨格を相当正確に把握する力が必要。ひびや骨折、脱臼治療を何十年続けて身につく技術。エステを何年修行しても無理。柔道整復、整形外科、PTの分野

筋肉にも骨格にも内臓にも負担かかります。 筋肉のハリや挫傷しやすさ骨密度を触診できる技術がなければリウマチや筋筋膜症候群を起こさせるリスクもあります。だからこそ、非国家資格者は痛み等マイナスの影響を与える施術は禁止されているんです RT @aisu_dog: 激痛 からだの負担

痛みなど体へのマイナスの影響を与える施術は国家資格者しかできない。痛みを与えずにリフトアップや体型を変化させる技術(筋挫傷や骨折、ひびの触診)を習得するには、国家資格が必要な職場で修行するしかない。どういうロジックだと、見た目を変化させる施術を無資格者ができるのか分からない

|

« 1月のつぶやき(冷え症・セルフケアマッサージに関する抜粋) | トップページ | 1月のつぶやき(おまけ編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/38778144

この記事へのトラックバック一覧です: 1月のつぶやき(健康豆知識に関する抜粋):

« 1月のつぶやき(冷え症・セルフケアマッサージに関する抜粋) | トップページ | 1月のつぶやき(おまけ編) »