« 1月のつぶやき(自律神経に関する抜粋) | トップページ | 1月のつぶやき(正しい姿勢・立ち方に関する抜粋) »

2011年2月11日 (金)

1月のつぶやき(線維筋痛症に関する抜粋)

1月に好評だったつぶやき(RTといって転送をしていただいたつぶやき)を、ブログでも共有させていただきたいと思います!

今回は、線維筋痛症に関する抜粋。

この抜粋以外にも、線維筋痛症との確定診断を受けている方の中で、歩き方、立ち方の指導で痛みが8割方軽減した方も来院しました。

線維筋痛症というのは、本来、原因となる疾患や動作・姿勢がなく、原因が不明なものに対する症候群名です。しかし、原因を特定することは、なかなか難しく、どうしても誤診を防ぐことは難しいのだと思います。

抜粋ここから

足-腰に痛みが移動し病院で線維筋痛症かもと言われた男性と知り合う。線維筋痛症ぽくない(のんびりやさん)だったので、泌尿器科通院を勧めたら、案の定男性更年期の関節痛だった。泌尿器科でホルモン治療、うちで関節痛の疼痛緩和治療をすることに。相変わらず誤診が多いです、線維筋痛症。

足~腰に痛みが移動しリウマチではなく、整形外科5院、整骨院10院、整体20院合計35院で原因が不明で整形外科医からは「線維筋痛症かもしれないから専門医を訪問して」と言われたという50代後半の男性。これが女性だったら、更年期障害ってすぐに分かっただろうに・・可哀相に

男性更年期障害、普段からとても穏やかな人だと、あんまり性格にでなくて、関節痛や頭痛といった症状しかでなくて、誤診されてしまっている例がとても多いようですね。男性更年期で線維筋痛症と誤診されていた人と知り合ったのは、今回で3人目。世の中には、もっともっと多いのでしょうね。

うちに来院される方だけかもしれないですが、男性更年期で、泌尿器科から疼痛緩和の治療の紹介状を持ってこられる方が多いです。でも、女性の更年期で、関節痛の保険適用治療の紹介状を持って来られる方って、ほとんどいません。男性だけなんですよね。。。なんででしょう?

婦人科で、鍼灸を試してダメだったらホルモン剤と言われたというPMSや更年期の人が年々増えている。服薬できない妊産婦を診るからか、産婦人科は東洋医学と連携する人が増えている印象。男性更年期は泌尿器科だからか、東洋医学と連携する人はまだまだ少ない印象。

>

|

« 1月のつぶやき(自律神経に関する抜粋) | トップページ | 1月のつぶやき(正しい姿勢・立ち方に関する抜粋) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/38778070

この記事へのトラックバック一覧です: 1月のつぶやき(線維筋痛症に関する抜粋):

« 1月のつぶやき(自律神経に関する抜粋) | トップページ | 1月のつぶやき(正しい姿勢・立ち方に関する抜粋) »