« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2010年2月21日 - 2010年2月27日

2010年2月26日 (金)

施術の後でだるくなります

鍼、指圧、灸の後でだるくなった、全身に倦怠感が出た、というご相談をいただくことが良くあります。

体を触ってみると、2パタンあります。
1)施術前よりも筋肉や関節は柔らかくなっているものの、脈や腹部を触ってみると少し弱々しくなっている場合
2)施術前よりも筋肉や関節も柔らかくなっていて、脈も整っている場合

続きを読む "施術の後でだるくなります"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

第2回 陰陽五行説って何?役に立つの?

東洋医学の本を読むと、まず最初に「中国の古代哲学に陰陽五行説というものがあって」ということが書いてあります。

木、火、土、金、水という5つの要素で体を説明するという考え方です。

よくできたテキストであれば「現実とは相反する矛盾点もある」ということが書いてあるんですが、そうしたこともなく、いきなりこの説明をはじめる入門書も少なくありません。

でもね、矛盾するに決まってるんですよ。なぜかというと、そもそも、東洋医学とこの陰陽五行説には何の関係もないから!(あーあ、言っちゃった)

続きを読む "第2回 陰陽五行説って何?役に立つの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

第1回 東洋医学が分かりにくいのはワザと分かりにくくしているから

このブログや治療の過程で東洋医学に興味をもったので勉強してみたい、と思って本を買って読んでみたりネットで調べたんですけど、難しすぎて分かりませんでした、というお話をうかがいました。

そうですよね、分かりにくいですよね。私もそう思います。特に日本語で東洋医学を学ぼうとすると、無茶苦茶難しいです。

ところが中国語だと、そうでもない、と言います。なぜかと言うと、中国は、過去のある秘密を、もう秘密ではなくしてしまっているからなんです。

実は、東洋医学を学ぼう、知ろうとする人が最初に知っておかないといけない、しかし、日本語だとなかなか入手できない秘密というものがあるんです。

続きを読む "第1回 東洋医学が分かりにくいのはワザと分かりにくくしているから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

高血圧は無自覚、なのか?

高血圧は無自覚に進むので定期的に血圧を測りましょう!というCMありますよね。でも私、高血圧になりかけの人、ほとんど顔と臭いで分かります。。。。

他人が気がつけるということは、外側の変化があるということで、無自覚ということはありえないと思います。

でも、高血圧の初期は無自覚でサイレントキラー、と言われているのもまた事実。なぜ、そんなことになっているのかというと、、、、

続きを読む "高血圧は無自覚、なのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

お客様に信頼していただくためには

本日は、外部のセミナーを受けてきました。

あまりスキルや経験がない、自信もない人がお客さまと堂々と接するためにはどうしたらよいか、というパートがとても参考になりました。

特に参考になった点を5つ、挙げてみます。

続きを読む "お客様に信頼していただくためには"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

ボディケア施設にも資格者が必要かも、と思った出来事

風邪をひきました。
岩盤浴の後で湯ざめしたのです。なぜ湯ざめをしたかというと、岩盤浴から出て着替えをしようとしたところ、休憩室で女性が真っ赤な顔をして倒れかけていて、岩盤浴のスタッフが手を押さえたり背中を支えたりして対応をしていたのです。

倒れかけていた女性は、体型・顔色・皮膚の色、話している時に見える舌の色などから、高血圧で高脂血しょうである可能性が高いと思われました。※記事最後に特徴を記載

はっきり言って、岩盤浴に来るのが間違い、と思われます。が、そう言って拒絶できないのが、こうした温浴施設の難しいところですよね。

続きを読む "ボディケア施設にも資格者が必要かも、と思った出来事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »