« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »

2010年1月17日 - 2010年1月23日

2010年1月23日 (土)

鍼灸師と鍼灸士って一緒ですか?

めずらしく2日連続更新のけんきちです。

鍼灸師ではなく鍼灸士という資格があります。

鍼灸師というのは施術をするための国家資格です。鍼灸士というのは、大学の鍼灸学部を卒業したらもらえる「大学卒業資格」です。

続きを読む "鍼灸師と鍼灸士って一緒ですか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

鍼灸などボディケア・施術をするための国家資格の取得方法

おはようございます、カリスマオーナーのけんきちです。

裏番長から、鍼灸 国家資格 通信 という文字の組み合わせで検索をしてYo-jou通信にたどり着いている人が毎日何人かずついると聞きました。

通信講座で鍼灸の国家資格が取れないかを調べているようです。

なので今日は鍼灸師などのボディケアに関する資格の種類と取り方を簡単に書きます。

続きを読む "鍼灸などボディケア・施術をするための国家資格の取得方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

Prevention is better than cure

英語には“Prevention is better than cure.”という諺があります。
予防は治療に勝る、という意味です。
健康に関してだけではなく、ビジネスでもよくつかわれる言葉です。

日本語にも「薬より養生」という慣用句がありますが、あまり使われなくなってしまいましたね。

Cure(キュア)とかTherapy(セラピー)とかHealing(ヒーリング)といった言葉は「すでに悪くなってしまっている症状を治療する、癒す」という意味が強いです。

続きを読む "Prevention is better than cure"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

顎関節症の治療で美白が、、、

こんばんは、裏番長です。

私は一昨年の11月の半ばに顎関節症になってしまいました。

秋に、左大腿の内側の筋肉を怪我してストレッチや運動ができず、いつも左足をかばって歩いていたら、腰痛>膝の痛み>首の痛み>顎関節症と、満身創痍になってしまったんです。

口を1センチ以上開くこともできなくなって、困ってしまって、鍼で治療をしてもらいました。

続きを読む "顎関節症の治療で美白が、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

中医学と日本の伝統療法では病名が違うことがあります

頚肩腕症候群、筋・筋膜症候群、線維筋痛症のようなしびれや張りを伴う症状のことを、中医学では風湿病(ふうしつびょう)または痺証(ひしょう)または痿証(いしょう)といいます。

風湿病という中国語は、日本では「リウマチ」と訳されていますが、これはあまり正確ではありません。正しくは、症状が風のように移動する、湿気が体の内側にこもることによって悪化する病気のことです。リウマチも風湿病の1つですが、線維筋痛症も中医学上は風湿病の1つと考えられます。

この風湿病が手に起こると痺証(ひしょう)。脚に起こると痿証(いしょう)です。

東洋医学では、ではなく、中医学では、と書いたところがポイントです。

実はこの名前、日本の伝統医学では使わないんです。

続きを読む "中医学と日本の伝統療法では病名が違うことがあります"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

お客さまの個人情報

こんばんは、裏番長です。

みなさん、居抜きってご存知ですか?

以前に経営していた店舗の内装や外装をそのまま引き継いで開業するという形態のことです。

Yo-jouの内装工事の費用見積もりなどのために、この居抜き店舗のウェブサイトを眺めていました。すると、あまりにもありえない物件を発見してしまいました。。。

マッサージ院(按摩指圧マッサージ師が開業しているお店)が、オーナーの体調不良により撤退するので居抜きで次の借り手を捜しています、という広告です。

「譲渡価格に顧客リスト2200枚をつけます」「すでにアプローチ可能な顧客リストがこれだけあって、この価格はお得」「リラクゼーション、エステなどに最適」と書いてあります。

これ、もちろん、違法行為です。国家資格に基づく治療院がして良い行為ではありません。

続きを読む "お客さまの個人情報"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

良い治療院の見つけ方

こんばんは、裏番長です。

以前、あるサイトで書いた記事を少しカスタマイズして、治療院や病院を選ぶ基準を記載します。

筋筋膜性疼痛症候群や線維筋痛症は、患者ごとに症状の個体差が大きいです。

また、肩凝りや腰痛、腱鞘炎といった慢性疼痛には、ストレスによって血管が収縮して循環が悪くなるなど、身体だけではなく精神的な影響も強いことが分かっています。

なので、ある人には有効であった治療が他の人にそのまま適用できる というものではないと思います。私のところにも「何をやったのが線維筋痛症の完治の原因ですか」という問い合わせメールが来ますが、 何をやったら完治した、という情報はあまり参考にならないと思います。

それよりも、患者と二人三脚で一緒に治療に取り組んでくれる良い治療家・医師を捜すことが大切だと思います。

私なりに考えた、良い病院・治療院を選ぶ基準は以下の6つです。

続きを読む "良い治療院の見つけ方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »