« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010年5月16日 - 2010年5月22日

2010年5月19日 (水)

「井の中の蛙」と「全体像を理解した専門家」のどちらを目指すか

1つの会社・狭い人間関係の中だけで働いていると、他の人にとって当たり前の常識が欠落してしまうことが少なくありません。

例えば、ITの会社に所属をして情報セキュリティの対応をしていると、情報セキュリティの対応と言うとITを使うと思いこみがちです。

でも、実際にはプリントアウトをした紙の取扱いだったり、社内・店舗のレイアウト(内装・外装)等の方が大切なことが多いんです。

自分はセキュリティの専門家だと思っていても、実際に知っているのはセキュリティの中のほんの一部分で、オフィスのレイアウトを変えるだけで対応できるのに数千万円のITシステムを導入する必要があるという提案をしてしまったりするわけです。

これは消費者・お客様からしてみると、とんでもなく迷惑です。

あまりにもこうした迷惑が頻発したため、被害が起らないようにと「国際標準」というものができました。

情報セキュリティの分野であれば、ISO/IEC27001というものがあって、この標準を見てみると、情報セキュリティには大別して10のカテゴリーがあって、ITはそのうちのたった2つでしかないことが分かります。

あれ、今日は東洋医学の話しじゃないの?と思われた方、いえ、ここからが、東洋医学の話です。

続きを読む "「井の中の蛙」と「全体像を理解した専門家」のどちらを目指すか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

医療分野にスクラップ&ビルドを持ち込んでも良いのだろうか

裏番長は20年近く経営コンサルティングという仕事をしてきました。

事業整理(倒産のお手伝い)をしてきた時期が長いため、企業・店舗が上手くいかなくなる事例ばかり大量に見てきました。

大きな会社も内側はさまざまなですが、正直なところ、製品構成や商品構成は比較的画一化しています。でも、中小企業は経営の中身も、商品・製品も本当に千差万別です。

これは、大量生産に向かない製品やサービスを、中小ならではの機動力で提供するためです。

問題なのは、こうした中小企業が多店舗展開をしたり、多角化をする時。地域密着で考えれば、当然のこととして、営業時間・製品・サービス・デザイン等あら ゆるものが、店舗によって異なってくる点です。

続きを読む "医療分野にスクラップ&ビルドを持ち込んでも良いのだろうか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »