« 田端店夏の大キャンペーン&新メニュー | トップページ | 我が家の裏・裏番長が来て1周年 »

2010年7月 3日 (土)

線維筋痛症の治療で使っていた医療器具

今週末に、高円寺と田端の両店舗で治療器具の交換をします。

高円寺にあった小型の電気治療器具を田端に持って行き、代わりに田端においてあった温熱療法器を高円寺に持って行きます。

どっちも、大きくて重たいので、どうやって運ぶか、ちょっと気が重いです(涙)

12823839

高円寺に持って行く温熱療法器「カーボン太陽灯ヘルスライト」といういかにも~、な名前です。

はっきり言って、見た目はかなりダサイ・・・・

高円寺店の雰囲気には合わないので、置きたくありません。

でも、なぜか高円寺店には「冷え性がひどく、かつ体力があまりないために、ホットストーンや灸で施術をすると疲れて動くのがつらくなってしまう」という患者さまが、たくさん来院するんです。

こういう方にとって、この太陽灯は最適な治療器具です。

実は、私が線維筋痛症で寝たきりの時に受けていたのが、この太陽灯で筋肉の深部を温めながら、筋膜リリースをしていく、という治療です。

田端店は、そこまで重い方があまりいらっしゃらないので、高円寺に移動することにしました。

どうやったら、壊さずに運べるかなあとネットで検索していたら、面白い記事を発見!

低血糖症状で倒れてしまったことをきっかけに家庭用の太陽灯を使った光線療法を始めたという方のHPです。

当院で、冷えが酷くホットストーンや灸治療をする体力がない方の大半が、低血糖傾向があります。まさに、今回使おうと想定していた患者さまと同じような症状をお持ちだった方のHPでした。

この方には、とても効果的だったようです。うちの患者さんにも効果がでるといーなー

そうそう、このHPで、飼い猫が太陽灯をつけると自分からよってきて、気持ちよさそうに、全身照射されているという記事を発見!

太陽灯、芯から温まるので、確かに猫は好きそうです。

我が家の猫が高齢になって冷えから来る病気になってしまったときに、やってあげればよかったなあ、と今更ながら悔やまれました。

|

« 田端店夏の大キャンペーン&新メニュー | トップページ | 我が家の裏・裏番長が来て1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/35617412

この記事へのトラックバック一覧です: 線維筋痛症の治療で使っていた医療器具:

« 田端店夏の大キャンペーン&新メニュー | トップページ | 我が家の裏・裏番長が来て1周年 »