« 線維筋痛症の治療で使っていた医療器具 | トップページ | 湿度が高い夏を快適に過ごすために、自分に必要な水分量を知ってみよう »

2010年7月 6日 (火)

我が家の裏・裏番長が来て1周年

こんばんは、裏番長です。

ちょうど一年前、道端に落ちていた、白くて丸いピルピル言う小汚い子猫を拾いました。

090706_1945010001

目も鼻もガビガビだったファイ君です。

駐車場の入口と犬小屋の間にぺたんと横になっていて、雨ざらしで見るからに具合が悪そうでした。駐車場から車が出てきても立ち往生、運転手が車を出すことが出来ずに困っていました。

私が捕まえようとすると、逃げる体力もなかったらしく、あっさり捕まりました。食欲が皆無で、ご飯を見せても食べないので、ケンキチが口の中に強制的に食べ物を入れて食べさせて育てました。

あれから1年、実は「具合が悪い振り」でだまされたのではないか、と思うような振る舞いをするように・・・・・

ファイ、嫌いな食べ物は食べません。

しかも、水を全く怖がらず、雨の中で平気でベランダで寝ています。水浸しの風呂場でゴロゴロと転がり、その後、毛繕いもしません。濡れるのが、嫌じゃないんです。

しかも、寂しかったり、何か気に入らないと、部屋の真ん中でぺたんと寝そべって「ピルピル」と甲高い声で鳴き続けます。

我が家に着た直後から、鳴いている時に慰めてくれるなら誰でも良いらしく、見知らぬ人にも平気でお腹を出して抱っこされてたし・・・・

今は、濡れたらドライヤーで乾かしているので風邪を引いたりしないので、小汚さはないのですが、なんか、1年前に路上で見つけた時にしてたこと、今でも家の中でしてるんですよね。。。。

ということは、実は「具合が悪い子猫」の演技だった??

だまされていたのだとしても、いいんですけどね、可愛いから。

|

« 線維筋痛症の治療で使っていた医療器具 | トップページ | 湿度が高い夏を快適に過ごすために、自分に必要な水分量を知ってみよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/35662102

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の裏・裏番長が来て1周年:

« 線維筋痛症の治療で使っていた医療器具 | トップページ | 湿度が高い夏を快適に過ごすために、自分に必要な水分量を知ってみよう »