« 会員サイトへのアクセスIDとPWDお持ちですか? | トップページ | 西洋医学を学ぶことの大切さ »

2010年6月22日 (火)

一番の学びはお客さまの声

来院してくださった方や、メール・Twitter・mixi等でいろいろなお話しを伺います。
褒めていただくこともありますし、わたし達のためにと苦言を呈してくださる方もいます。

お客さまの方では、これといって深い意図がなかった、何気ない一言で、ハッとさせられることも少なくありません。

専門的な学びや技術の向上も大切ですけれど、やはり、一番の師はお客さま・患者さまだなあ、と思います。

今日の学びは、当たり前と笑われてしまいそうなことなんですが・・・・・

治療院やボディケアって、やっぱり、敷居が高いんだ!

ということです。

何を当たり前のこと言ってるんですか、と笑われそうですが、やはり、わたし達はついつい忘れてしまいます。

特に裏番長等は、元来が遠慮というものを知らない性格なので、初めての場所が緊張するとか、なかなか行きにくいといった「物怖じ」というものを知りません。なので、ついつい、こうした「行きにくい」「入りにくい」という思いを忘れがちです(苦笑)

両院の院長ともに、プライベートでもマッサージや整体に行きまくる超ヘビーユーザーなので、知らない治療院・サロンに入りにくい、という思いを忘れがちです。

わたし達のように、治療院・サロンに行き慣れている人間にとって、過剰な接客は「うっとうしい」「しばらく放っておいてくれないかな」と思うことが多いです。

そのため、ついつい、施術の前後の時間は、そんなに声掛けをしなくなりがち。

でも、これって、初めて来院された方や、サロン・治療院という場に馴染みがない方にとっては、とても心細いんですよね。

患者さま・お客さまのお顔を見て、お一人お一人に合わせた接客・声掛けをしていかなければいけないなあ、と反省モードになりました。

|

« 会員サイトへのアクセスIDとPWDお持ちですか? | トップページ | 西洋医学を学ぶことの大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/35421584

この記事へのトラックバック一覧です: 一番の学びはお客さまの声:

« 会員サイトへのアクセスIDとPWDお持ちですか? | トップページ | 西洋医学を学ぶことの大切さ »