« 電気治療器具でしかできないこと2(最終回) | トップページ | 会員サイトへのアクセスIDとPWDお持ちですか? »

2010年6月 8日 (火)

もう生理に振り回されない2

もう生理に振り回されない(第一回) 1回目から間が空いてしまいました。すいません。

第一回目に書いたとおり、私は生理のたびに、精神状態や肌の状態が乱高下、腹痛もひどいという毎日でした。手帳に生理の期間をしっかりと書き込み、スケジュール調整にもしっかり活用せざるをえない日々。

ところが、ある次期以降、手帳に生理期間を全く書きこまなくなったのです。

なぜなら、生理中だからといって、困ることはあまりなくなったからです。そして、この時期というのが、他の病気(線維筋痛症や低血糖等)が完治し、また踊り始めることができるようになった時期と一致していたのです。

このことをきっかけにいろいろと考えた結果、女性の場合は毎月の生理に振り回されない状態、というのが1つの健康の目安だな、と思うようになりました。

生理に振り回される状態、というのは
・排卵痛
・生理前月経前期間の痛みやイライラ、肌荒れ、浮腫み
・生理期間中の痛みや肌荒れ、浮腫み、体重増加、貧血
・生理~排卵までの皮膚の乾燥
といった症状によって、心や体が疲れてしまう状態。

そして、
・旅行と生理がぶつかったら嫌だなあ
・生理中に立ったり座ったりの動作は嫌だなあ
といった、生理のためにスケジュール・予定を左右される状態です。

1つめはともかく、2つめはピルでも飲まなきゃ改善できないでしょ?と思う方も多いかと思います。でも、よーく考えてみてください。

生理用具っていつ頃開発されたと思います?江戸時代の着物を着ていた日本人女性はどうやって生理期間を過ごしていたのでしょうか?

「昔の女性はできていた」「おにばば化する女性達」という本で紹介されて以来「生理の経血をお腹の中にためておいてトイレで出す」という「月経血コントロール」の知名度が少しは上がってきたかと思います。

この本の中では、なんだか特別のことのように書かれているのですが、これってバレリーナやコンテンポラリーダンサーにとっては昔から常識。

生理中でも踊っている時は血が止まるんです。で、不健康な状態ではない証拠に、お手洗いに行くと、止まっていた分の血も合わせて一気に排血できます。

なぜ止まるのか。

踊っている最中は、お腹が動く呼吸はみっともないので、へその下あたりを締めて呼吸しているからです。

この呼吸方法だと、自動的に骨盤底筋群が引き締まります。生理の経血が子宮内で留まってくれます。

で、トイレに行って腹圧をかけると、溜まっていた血が出ていくわけです。

つまり、インナーマッスルをコントロールできるだけの身体操作能力があれば、生理中だからといって、行動が制限されないのです。

では、この月経血コントロール、インナーマッスルさえコントロールできるのか、というと、上述した2つの本には記載されていない重要な問題があります。(上述の本自体は良い本です。お勧めします。ただ、治療家が書いた本ではないので、体質改善・症状改善という点では他の東洋医学ベースの本やこちらのブログの記事も参考にしてください)。

月経血コントロールは、月経血の状態が良好でなければ、完全にはコントロールできません。具体的に言うと、血液の質と量が一定以上あって、かつ、ドロドロ血ではない状態です。

造血する能力が下がっていたり、抗生物質等を飲んでいて、排卵日から生理がくる期間が5-6日しかなかったりすると、月経血の量がとても少ないです。ピルを飲んでいても少なくなります。こうした場合は、無理に止めようとしてお腹が痛くなってしまう人が多いようです。

この、血が足りない状態を東洋医学では「血虚(けっきょ)」といいます。

血虚の状態では、月経血を上手にコントロールできないのはもちろん、貧血になりやすく、生理前後に気分が大きく落ち込みやすいのです。

他にも、

・月経血がドロドロしすぎている
・月経血がサラサラしすぎている
・下腹部の張りがひどく骨盤底筋群に力を入れられない
・下半身のむくみがひどく骨盤底筋群に力を入れられない
・イライラ等気分の変化が激しすぎて月経血コントロールに気が回らない
といった時には月経血を上手にコントロールできなくなります。

東洋医学では「血・気・水」が正常な場合を健康と呼びます。

・月経血がドロドロ⇒血が汚れているか水はけが悪い
・月経血がサラサラしすぎ⇒血の質が低い
・下腹部の張りがひどい⇒気のめぐりが悪い
・下半身のむくみがひどい⇒水はけが悪い
・気分の変化が激しすぎ⇒気が逆回り

という症状です。つまり「生理に振り回されている状態」=「血・気・水のいずれかに問題がある状態」なわけです。

このことに気がついて以来、女性の患者様の体質改善をサポートする時には、この「生理に振り回されない状態」を1つの目安にしています。

次回以降、各症状がある場合の対処方法を書いていきたいと思います。

|

« 電気治療器具でしかできないこと2(最終回) | トップページ | 会員サイトへのアクセスIDとPWDお持ちですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/35143714

この記事へのトラックバック一覧です: もう生理に振り回されない2:

« 電気治療器具でしかできないこと2(最終回) | トップページ | 会員サイトへのアクセスIDとPWDお持ちですか? »