« 施術中の寝落ち | トップページ | マッサージお願いというのは、マッサージをして欲しいのかコリをほぐして欲しいのか、どちらなのだろう? »

2010年3月11日 (木)

肩こり、腰痛、腱鞘炎。どこに行けば良いの?

わたしとオーナーは、Twitterというサービスをとおして、痛みをかかえながら、どこが良いのか分からない、はずれにあたるのが怖いと思って治療院に行くことができないでいる方、数十人と出会いました。

また、肩や腰、その他間接の痛みで鍼灸院、マッサージ院、整骨院(接骨院、整復院)、整体院、マッサージ類似店で施術を受けたのに、すぐにまた痛みが再発した、という方ともたくさん知り合いました。

そして、お客さま・患者さまのためを考えると、治療目的と慰安目的の施設は明確に区別がつくべきだと考えるようになりました。

コリをほぐしたり、間接の炎症を抑えれば、その場では痛みがおさまります。

でも、コリの原因や炎症の原因を解決しなければ、すぐに再発してしまうに決まっています。

内臓が弱っているなら内臓の治療をしなければいけません。

筋バランスが悪いのであれば、筋バランスを整えるための施術や、日常的にできる工夫を伝えなければいけません。

骨が変形してしまっているのであれば、これ以上変形が進まないために必要な行為を説明すると同時に、周辺筋肉をどうやって鍛えて痛みを抑えていけるかを伝えなければいけません。

神経が原因なのであれば、どうやって神経バランスを整えたり、過敏になっている神経を静めていくのかを伝えなければいけません。

施術の技術が良いとか悪いとかは、あくまでも原因が正しく判断できてからしか役に立ちません。最初に行うべきことは、原因の特定です。

そして、次が、正しい計測と記録です。

肩関節がワキから70度しか動かない人が来店したとします。前回の施術前の肩関節の角度が60度だったのか、75度だったのかで、施術の方針は変わります。

前回が60度だったのなら、施術方針を変える必要はないかもしれません。しかし、前回が75度だったのなら、前回来店時から今回の来店までに、どういう生活を送られていたのかを確認し、通常と変わらない生活だった場合には、施術方針を変えなければいけません。

また、症状の進み具合が早いわけですから、日常生活で工夫していただくことをお伝えして、悪化を防いでいかなければいけません。また、その他の疾患(神経膿腫等)の可能性がないかを判断するために、舌や腹部を診せていただく必要もあります。

施術の技術を判断するのは、素人には難しいです。気持ちよければよいわけではありません。短時間で効果が上がる治療が良い治療でもありません。(短時間で効果が出るということはそれだけ副作用があるということです。体力がない方の症状改善には、意図的に時間をかける必要があることもあります。)

しかし、問診と施術後の説明の分かりやすさ、前回の自分の症状を覚えているかどうかであれば、判断できると思います。

ですから、もし、本気で痛みを解消したいと思って治療院を探していらっしゃるのあれば、痛みの原因が何であるのかを確認し、それを説明してくれる治療院を見つけることが大切だと思います。

施術に入る前の問診に納得がいかないとしたら、そこで施術を受ける必要はないと思います。(国家資格院の場合はインフォームドコンセントが義務付けられているので、施術方針の説明がない場合は、実は支払いをする必要がないんですよ。)

また、施術前にしっかりと問診をして説明をしたとしても、体を触ることで気がつくことはたくさんあります。ですから、施術後に何も説明がないということは、

  • 何も気がつけないレベル
  • 気がついても忘れてしまった(=あなたの症状改善に対してその程度の熱意)
  • 話をするのが苦手

のいずれかです。

1-2は論外です。二度と行く必要はないと思います。しかし、3かもしれないので、一応、ラストチャンスとして施術後に「この痛みはどこから来ているのですか」「何に気をつけたほうが良いですか」などと確認をしてあげるのも良いかと思います。

そこで、何も説明できなかったり、冗談で返してくるようでしたら、やはり二度と行く必要はないと思います。

誤解してはいけないのは、

  • パソコンの使いすぎで背中や肩が痛んでいる
  • なで肩で痩せ気味で筋肉が足りないため肩がこる
  • 冷え性だからむくんでいる

などは、説明ではない、ということです。解消方法、改善方法を説明してもらってください。

現在のYo-jouは、こうした説明がしっかりとできているとは言いがたいです。ですから、お客さまに選んでいただけないとしても仕方がないと感じることが多々あります。

チラシやHPで記載していることは、当店からお客さまへのお約束です。それが守れないとしたら、わたし達が選んでいただけないのはいたし方のないことです。

ですから、どうか、Yo-jouに、より厳しく接してください。

|

« 施術中の寝落ち | トップページ | マッサージお願いというのは、マッサージをして欲しいのかコリをほぐして欲しいのか、どちらなのだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/33719309

この記事へのトラックバック一覧です: 肩こり、腰痛、腱鞘炎。どこに行けば良いの?:

« 施術中の寝落ち | トップページ | マッサージお願いというのは、マッサージをして欲しいのかコリをほぐして欲しいのか、どちらなのだろう? »