« 肩こり、腰痛、腱鞘炎。どこに行けば良いの? | トップページ | 第6回 気って何?「病は気から」は「病はストレスから」という意味のことわざです »

2010年3月12日 (金)

マッサージお願いというのは、マッサージをして欲しいのかコリをほぐして欲しいのか、どちらなのだろう?

ブログや掲示板・Twitterで「肩こったマッサージ行きたい」という書き込みをよく見かけます。当店にも、「マッサージ60分お願い」と言って来店されるお客さま、たくさんいらっしゃいます。

これは、本当にマッサージをしてもらいたいのでしょうか?それとも、肩こりを改善したいのでしょうか?

ゆがみが原因の痛みなら、マッサージで軽く筋肉を緩めた後で矯正する方が効果的です。亜脱臼の可能性があったらマッサージより整復・固定すべきです。肩の 痛みの原因が肩ではなく、腰や膝かもしれません。胃腸の疲れが原因かもしれません。ストレスが原因でからだが緊張して固くなっていることが原因かも。この場合、鍼灸の方が良いかもしれません。

コリに対して、マッサージは万能ではないのです。ですから、困惑してしまうことがよくあります。

「関節の動きも確認していないので、マッサージが症状改善になるかは分かりませんよ。」
「関節炎の場合マッサージをすると悪化しますよ。それでもいいんですか?」
と、確認をすべきなのでしょうか?

それとも、言われたとおりにマッサージをすべきなのでしょうか?

「筋肉痛だからマッサージして寝よう」といった書き込みもよく見かけます。当店にも「筋肉痛がつらいからマッサージして」といって来られる方もいます。

でも、筋肉痛は炎症なので、普通のマッサージをしたら、炎症が酷くなります。下手をしたら肉離れを起こします。ですから、筋肉をゆするという手技で施術をします。マッサージはしません。でも、どうしても指圧・マッサージをして欲しいという方もいらっしゃいます。

この場合は、当店は丁重にお断りをします。

他店・他院はどうしているのでしょうか?

そもそも、コリをほぐしただけでは、またすぐにコリ始めます。凝らない体作りをするほうが、楽だとは考えないのでしょうか?

「マッサージお願い」と頼まれるたびに、どう接したらよいのか悩んでしまう今日この頃です。

|

« 肩こり、腰痛、腱鞘炎。どこに行けば良いの? | トップページ | 第6回 気って何?「病は気から」は「病はストレスから」という意味のことわざです »

コメント

うつの睡眠障害で処方されていたベゲタミンという薬を飲み始めてから、肩のこりがひどくなり、初めて鍼灸整形科(西洋医学だけじゃない方)を受診しました。手管症候群というような名前で診てもらった記憶があります。
マッサージを受けているあいだは、とても気持ちが良くってよかったのですが、結局、その薬を止めるまで(止めたあとも1ヶ月ほど)肩のこりと手のしびれはなくなりませんでした。
辛い症状をなくすためには、とてもありがたく思った治療でしたが、根本的なところを変えたら(薬をやめてしばらくしたら)、症状がなくなったので、やはり「基本的なところ」が治癒に対しては重要ではないかと思いました。
マッサージそのものは、ほんとうに気持ちよく、背中全面から手の指の先まで受けた「手当」はありがたかったです。

投稿: 薫 | 2010年3月12日 (金) 19時42分

薫さん
コメントありがとうございます。薫さんの場合は原因が明確なので、短期間、慰安目的でマッサージをするのが良い例だとは思うんです。

でも、そうではない、原因が不明確なまま、マッサージを受け続ける、というのがいまいちよく分からなくて、少し困惑しているところです。。。

投稿: Lammy(前田あみ) | 2010年3月22日 (月) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/33719498

この記事へのトラックバック一覧です: マッサージお願いというのは、マッサージをして欲しいのかコリをほぐして欲しいのか、どちらなのだろう?:

« 肩こり、腰痛、腱鞘炎。どこに行けば良いの? | トップページ | 第6回 気って何?「病は気から」は「病はストレスから」という意味のことわざです »