« 経営者が従業員に約束をすること | トップページ | 味覚障害の治療方針 »

2010年2月10日 (水)

砂糖は身体を冷やすのか、冷やさないのか

先日、カカオの効用を教えていただいた際に、ふと、そういえば砂糖は本当に身体を冷やすのだろうか、ということが気になり始めました。

漢方薬膳、マクロビオティックともに、メイプルシロップ、蜂蜜、三温糖、甜菜糖(てんさいとう)は身体を温め、血の巡りを良くして、吐き気を鎮めると考えます。

ですから、冷えが強い方は、こうした無精製のもので甘みを取るのが身体によい、ということは間違いがないようです。

マクロビオティックという栄養学の考え方では、精製したものは基本的には身体に合わず身体を冷やすので、無精製のものを食べることを勧めています。ですから、マクロビオティックでは氷砂糖や白砂糖は身体を冷やすと考え、できるだけ避けるようにと勧めています。

しかし、漢方薬膳では、必ずしもそうではありません。

漢方薬膳では、白砂糖は、身体を温めもしなければ冷やすこともないと考えています(一部の文献ではマクロビと同じように冷やすと書かれているものもあります)。

はてさて、どちらが正しいのでしょう。こういう違いが、民間療法やいい加減、とか、どちらも信用できないと考えられてしまう一因のような気がします。

しかし、さらに深く調べてみると実は両者が違うことを言っているわけではない、ということが理解できます。

手元にある中国薬膳漢方の食材事典によると、白砂糖は

  • 脾と胃の働きを高めるため「脾虚」「胃虚」の人に有効
  • 極端に疲れた「気虚」を補う作用
  • 睡眠不足や睡眠の質が悪いことによる「陰虚」の回復

があると書いてあります。

普通の日本語で言うと、ようするに「白砂糖はストレスで胃腸の調子が悪かったり、やる気がでなかったり、熟睡できない人には良いですよ」ということです。

つまり、中国薬膳・漢方の立場に立つと白砂糖は、物理的に内臓を冷やしたとしても、自律神経の方で体温を上げてくれるから、結果的には体温を上げもしなければ下げもしない食べ物、ということになるんです。

一方、マクロビオティックは、というと、マクロビオティックは純粋に身体への反応だけを見ます。よって、身体を冷やす食品、と見るわけです。

また、マクロビオティックの臨床データが豊富なアメリカは、日本や中国と比較すると胃が弱い人が少ないです。また、胃虚、陰虚の人も少ないと言われます。よって、砂糖でリラックスをする、というよりは、単純に身体を冷やすだけ、という人が多いのかもしれません。

よくテレビや雑誌などで、あの食材はいい、この食材はいい、などという特集をしていますが、身近な砂糖1つを取り上げても、これだけ体質によって効果が違うわけで、一人一人と向き合って診断しないと、気軽に「これいいよ」とは言えないもんですね。

|

« 経営者が従業員に約束をすること | トップページ | 味覚障害の治療方針 »

コメント

ご無沙汰しています。
手足に汗をかく私は、春が近づいてきて気温も湿度も上がってくると、冬よりも朝晩冷え冷え~としています。

そして、糖分。
諸般の事情?により家ではダイエットシュガーを使っていますが、本当は工業製品って好きではないのです。
それに、気のせいか、せっかくのホットドリンクもなんだか効果半減な感じがします。

ダイエットシュガーの代わりになる甘味で、お勧めがありましたら教えてください。

投稿: とうこ | 2010年2月11日 (木) 10時54分

とうこさん
ダイエットシュガーは、実は減量の手助けになっていないのではないか、という栄養学の研究があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/dreamingbaby06/21095595.html
脳は想像以上に賢くて、甘いものを食べるとカロリーを取るべきだと考えて、低カロリーのままでは自律神経のバランスが維持できなくなり、他の食品でカロリーを補おうとするためかえって食べ過ぎる、という研究結果です。
なので、自然な甘みをほんのすこし、というのが身体には優しいのではないかと思います。
自然な甘みでミネラルも取れて身体も温まる、という点で、冬場は黒糖などはいかがでしょう?

投稿: Lammy(前田あみ) | 2010年2月15日 (月) 21時04分

裏番長さん、お返事をありがとうございました。
黒糖は美味しいので嬉しいですねぇ。
どこぞで入手して参ります!

投稿: とうこ | 2010年2月15日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/33328099

この記事へのトラックバック一覧です: 砂糖は身体を冷やすのか、冷やさないのか:

« 経営者が従業員に約束をすること | トップページ | 味覚障害の治療方針 »