« 中医学と日本の伝統療法では病名が違うことがあります | トップページ | Prevention is better than cure »

2010年1月20日 (水)

顎関節症の治療で美白が、、、

こんばんは、裏番長です。

私は一昨年の11月の半ばに顎関節症になってしまいました。

秋に、左大腿の内側の筋肉を怪我してストレッチや運動ができず、いつも左足をかばって歩いていたら、腰痛>膝の痛み>首の痛み>顎関節症と、満身創痍になってしまったんです。

口を1センチ以上開くこともできなくなって、困ってしまって、鍼で治療をしてもらいました。

鍼を打った場所は、右の頬骨の下、下顎骨と上顎骨のジョイント部分、腰です。

顎関節症の治療に鍼が有効、というのは割と有名な話なので、興味があるかたはググってみてください。鍼灸院であれば、割とどこでも得意としていると思います。

私の場合は、怪我が原因の顎関節症なので、噛み癖や姿勢の悪さが原因の顎関節症ではないので、あまり再発のリスクもなく、比較的楽な治療だったかと思います(しかし、多くの方は、顎関節症の根本原因であるこうした癖を治さなければ、また再発してしまいますので、治療の際には、かみ癖の矯正方法なども一緒に教えてもらってください。)

予想外だったのは、顎関節症が完治した、ということではなく「鍼を打った右頬のシミがきれいさっぱり消えてしまった」ことです。

もちろん、美容鍼というものがアメリカでとても流行っているということは知っていますし、日本の鍼灸学校でも教えていることも知っています。血行が改善するわけなので、シミやしわに効果があるのは、当たり前ではあります。。。。

でも、自分で体験するのは初めて。

知識として知っているのと、経験するのは全然違いますね。

近頃、目の下のシワが少し気になるお年頃になってきたので、試してみようかと思っています。効果があったら、またご報告しますね。

補足:Yo-jouの現在の施術メニューは「コリや張りを解消し、全身の筋バランスを整えることで根本的な体質改善を行い新陳代謝を良くするための全身施術」が中心です。そのため、シミやシワに特化した施術は、現時点でのわたし達の臨床経験では、効果を有る程度お約束できないと考えております。ですので、美顔鍼、美容鍼、痩身鍼という施術メニューはありません。ご興味をお持ちの方はググったりして他店舗を探してみてください。

|

« 中医学と日本の伝統療法では病名が違うことがあります | トップページ | Prevention is better than cure »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/33062225

この記事へのトラックバック一覧です: 顎関節症の治療で美白が、、、:

« 中医学と日本の伝統療法では病名が違うことがあります | トップページ | Prevention is better than cure »