« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月27日 - 2010年1月2日

2010年1月 2日 (土)

新築のお寺って風情が・・・・

こんばんは、裏番長です。

今日は、学生時代の友人夫妻と一緒に3人で谷中七福神ルートでお散歩をしてきました。谷中墓地の墓石のうえで丸くなっているネコたちが可愛かったです。また、不忍池の横で、生後8ヶ月くらいの子猫が人の後をついて回っていて、とてもいじらしかったです。

100101_16050001 谷中七福神は、毎年1月2日に、父と一緒に自転車で廻っていました。歩いて廻ったのは今回が初めてだと思います。(京浜東北線の終電が上野止まりで、上野から田端まで歩いて帰ってきたことは何回もありますが。)

歩いても、そんなに疲れる距離ではないんですね。

続きを読む "新築のお寺って風情が・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

ヨシッチ キムチのオムライス対決

200912272013000200912290713000痩せるぞ宣言をしてメガロスに通っているキムチ。
とうとう、コンビニ弁当をやめ、自炊を始めました。


自称「人生で一番美味しいチャーハン」をはじめ、数々の迷作を作り出しているようです。

 

 

続きを読む "ヨシッチ キムチのオムライス対決"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

腎を強くしてアンチエージング

こんばんは、裏番長です。昨日、一昨日と東洋医学の弁証法に関することを書きました。今日も、引き続き、書きたいと思います。


Img_3078腎虚熱証(じんきょねっしょう)の人は、顔全体に光沢があり、食欲がおう盛で太りやすいという特徴があります。太っていて、顔が光っていて、靴を脱ぐと足がかなり臭う、という場合は、まず間違いなく腎虚熱証でしょう。


我らがカリスマ鍼灸師キムチは、典型的な腎虚熱証(じんきょねっしょう)体質です。


人は、年を取ると誰でも腎が弱くなってきます。東洋医学では、腎が弱くなっている状態を回復させる、というのは、アンチエージング対策とイコールです。

続きを読む "腎を強くしてアンチエージング"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月27日 (日)

日本人に多い脾虚体質 生活習慣病のリスク

こんにちは、裏番長です。


昨日の夜は、オーナーの誕生日会で深夜まで起きていて、 みんなついさっき起き出してきました。なので、この時間になっての更新です。


昨日の記事で、わたしの証(肝虚寒証)の特徴と生活上の注意点を書きました。今日は、日本人にとても多いと言われている「脾虚(ひきょ)」のことを、少し書きたいと思います。


脾虚の人は2パタンいます。陰が強い人は「色白、痩せ型、ちょっと動くとすぐに息切れや汗をかき、疲れやすい」といった外見的な特徴があるそうです。肝虚寒証の、汗をかかないのとは対照的ですが、ぱっと見の外見は似ています。


陽が強い場合は体格はしっかりしていてひき締まっています。血色がよくて、口は大きめで、声が大きくてハッキリと話します。


陰陽どちらであっても「胃腸が弱い」「疲れやすい」「免疫力が弱い」ため、特にアレルギー性疾患、胃下垂、腎臓下垂、子宮下垂、低血圧、慢性胃炎、慢性腸炎、便秘になりやすいという特徴があります言われています。陰が強い場合は食欲がなく、陽が強い場合は食欲が旺盛です。


陰が強い場合は、性格的には、慎重で、思慮深いまじめなタイプで、 記憶力や洞察力に優れています。ただ、慎重すぎて決断が遅すぎることも多々あります。また、体調が悪い時は、精神面に出やすく、あらゆることが面倒くさくなり、落ち込みがちで、無口になります。陽が強い場合は正反対で、宴会幹事タイプです。


一日3-4合の玄米を食べる、我らがカリスマオーナーは陰が強い脾虚。しかし、彼の辞書に「食欲が無い」という文字はありません。しかし、この食欲という点を除くと、陰性の脾虚全てがオーナーにぴったり当てはまります。

続きを読む "日本人に多い脾虚体質 生活習慣病のリスク"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »