« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2009年6月7日 - 2009年6月13日 »

2009年3月1日 - 2009年3月7日

2009年3月 3日 (火)

あさりちゃんの傷の保護案

この記事は、2010年6月に静岡で保護された両後ろ足を切断された子猫の切断面を保護するためのアイディアです。
メールでやりとりすれば済むむ話なんですが、同じような子を保護して必死でネットで検索している方が他にもいらっしゃるかもしれないので、ブログに超昔の日付でこっそりUPしました。

交通事故に遭って山猫庵で保護され、両後ろ足を切断した柴犬の愛ちゃんはプライトンという医療用固定具で切断面を保護しました。でも、愛ちゃんとは違い、まだ成長途中のため、可動制限ができるだけかからない形での保護方法を考えています。

獣医さんからいくつかアイディアをもらったので、掲載します。

(1)くるぶし用靴下を使う方法

100703_014601

おしゃれ靴下屋さんやダンス用品店で売っているくるぶしの冷えを予防するための靴下です。
これを尻尾が出るように後ろ足側にかぶせて、前足にヒモをクロスして背中で結ぶと後ろ足の切断面を保護しながら、排尿に支障がないのではないかと思いました。

履かせた感じは、下記の写真のとおりです。
ほとんど可動制限はなく、背中があくのでうっとうしくないとは思うのですが、激しく足を動かすと外れてしまいます。ただ、バンドエイドやテープ類で傷を保護してからこれをかぶせると、傷の保護にはなるかと思います。

100703_013301_2

100703_013401_2

100703_013402

100703_013403

 





 

続きを読む "あさりちゃんの傷の保護案"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2009年6月7日 - 2009年6月13日 »