« 会計や情報セキュリティの本 譲ります | トップページ | コリとしこりの区別&首の凝りへの対応方法 »

2009年11月29日 (日)

あなたの大切な、あなたが頼りにしている人のために

おはようございます、裏番長の前田あみです。

今日は、みなさんにお願いがあります。線維筋痛症という病気、そしてこの病気を悪化させやすい人のタイプを理解していただきたいのです。


私は、線維筋痛症で寝たきりになるその日まで、自分の体がこっているということに、全く気がついていませんでした。ですから、マッサージを受けたこともありませんでした。エステに行ったこともありませんでした。


線維筋痛症のアメリカでの罹患率は、全国民の2%。日本は1.7%。軽度の時に適切な対応をしなければ、私のように寝たきりになる可能性がある人が、100人に1.7人もいるということです。


私は、この数字を知りませんでした。もし知っていたら、全身の不調を感じ始めた、軽度の段階で、もしかしたら近くの鍼灸院に行ったかもしれません。そして、事前にケアをすることで、症状の悪化を防げたかもしれません。


いえ、これはたぶん嘘です。私に限らず、多くの線維筋痛症患者は、例えこの数字を知っていても、自分の体のためだけに、積極的に時間を費やすことはなかったと思います。


この4年間で、私は何人もの線維筋痛症の方とお話しをしました。そのたびに、あまりに自分と似ていて、同じ病気で苦しんだというだけではない親近感を感じました。


全員が、責任感が強く、途中で放棄して逃げてしまうことができない人たち。私を含めた全員が、体が動かなくなるその時まで「自分は大丈夫」「まだ働ける、まだ動ける」と思い込んでいました。


自分のための時間はほとんど持たず、会社のため、家族のためにと必死に心と体を酷使し続け、だるいとは思っていたけれど、気力で乗り切ってきました。そして、痛みで体が動かなくなっても、痛み止めを飲み、更に働き続けました。


そして、ある日とうとう、痛み止めを飲もうと伸ばす手が、洋服に触れただけでも激痛が走り、体を起こすことも、寝返りを打つこともできない、寝たきりの生活が始まるのです。


私は、その日が来るまで、自分は大丈夫だと思っていました。自分の全身の筋肉が疲労の限界を越え、攣れて悲鳴を上げる日が来るなどとは思いもしませんでした。


あなたは大丈夫ですか?
あなたの大切な家族は、恋人は、大丈夫ですか?


線維筋痛症の潜在罹患者は日本の1.7%です。男女比で考えると、9割が女性なので、男性の0.1%(1000人に1人)、女性の1.7%(100人に1.7人)です。
どうか、この数字を忘れないでください。


あなたの周りにいる、頼りになる責任感が強い人の顔を思い浮かべてみてください。
そして、どうか、その人に会ったときには、この数字を伝えてください。


線維筋痛症が悪化してしまった方に対して、治療の方法に関する情報を発信していくことも大切だとは思います。しかし、予防に勝る治療はありません。


「気力が強すぎる人」「責任感が強すぎる人」は限界を超えて「からだの声を無視」します。彼女たち、彼らが、自分自身で自発的に気がついて、からだの声を聞くようになることは、滅多にありません。ですから、どうか、周囲が気がついてあげてください。


本当は、こういう責任感が強い人たちが尊敬している人が、こうしたからだのケアに関する情報を積極的に発信してくれるといいんですけどね。。。。。

|

« 会計や情報セキュリティの本 譲ります | トップページ | コリとしこりの区別&首の凝りへの対応方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287345/32393261

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの大切な、あなたが頼りにしている人のために:

« 会計や情報セキュリティの本 譲ります | トップページ | コリとしこりの区別&首の凝りへの対応方法 »