« きた~!! ロゴが来ました! | トップページ | あれ、オーナー、モデルのバイトですか? »

2009年10月30日 (金)

照明論争 Yo-jouの店内がとても明るいわけ

こんばんは、オーナー妻の前田あみです。


Yo-jouの店内は、とても明るいです。リラックスするには、ちょっとまぶしすぎると思います。

なので、もう少し照明を落としたり、せめて白・無色の電灯を黄色系統にしてはと提案したことがあります。その時に、オーナーはしばらく考えてからNOと言いました。


「施術中に肌の色が分からなくなる」「特にヨシッち(田山先生)は施術中に、皮膚をじっくりと見る人だから」

というのが理由でした。


同じ強さで同じツボを押しても、その日の体調や症状によって、皮膚の色の変化(血液が集まって戻るスピード)が違うそうです。ヨシッちやオーナーは、この違いを見て、筋肉が疲れているのか、内臓が疲れているのかなどを考えながら、痛みが出ている所以外にどこを治療すべきかを考えながら、施術箇所を選んでいるといいます。


なるほど。。。。

普段、あんなにくだらないこと言いながら施術してるのに(笑)、そんなこと見てたんだ(ちょっと尊敬)。


お客さまにはリラックスして欲しいと思います。でも、リラックスしていただくより、体が健康に近づくようにお手伝いすることの方が、わたし達の仕事のうえでは大切だと思います。

なので、今でもYo-jouの照明はとても明るいです。


まぶしいな、と思われる方も多いと思います。もう少し暗くして欲しいな、と思われる方もいるかもしれません。でも、どうか、施術に入る前だけではなく、施術中も皮膚の色の変化(血行の変化)を見て、その日の体調や症状に合った施術をさせていただくために、今のままの明るさでいかせてください。


※まぶしい方には、目の上にタオルを置かせていただくので、お気軽にお申し付け下さい。

|

« きた~!! ロゴが来ました! | トップページ | あれ、オーナー、モデルのバイトですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きた~!! ロゴが来ました! | トップページ | あれ、オーナー、モデルのバイトですか? »